SDGs(持続可能な開発目標)

SDGsとは「この先の世界が今以上によくなるために、2030年までに世界の人全員で協力して解決したい目標」のことで、正式には「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」といいます。
国連サミット(2015)で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標で、世界を変えるための17の目標と169のターゲットが定められています。
17の目標は「貧困をなくそう」「人や国の不平等をなくそう」「海の豊かさを守ろう」というようにわかりやすい言葉で示され何かのターゲット達成の裏で誰かが苦しむことのないよう、「誰も置き去りにしない」世界を目指しています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。

山本建設では「山本建設 SDGs宣言」として、「真心と技術で社会とお付き合い」の経営理念に基づき、地域貢献、環境問題、充実した職場環境を目指し、安全なまちづくりに貢献します。

エコアクション21

山本建設株式会社は、環境省が策定した環境マネジメントシステム「エコアクション21」の認証を受けております。
活動内容については、弊社 エコアクション21環境活動レポートをご覧下さい。

環境活動レポート


令和3年8月にエコアクション21への長年の取り組みが認められ、エコアクション21認証・登録永年継続事業者として感謝状を頂きました。

清掃活動

毎月社会貢献活動の一環として清掃活動を実施しており、周辺地域の清掃美化に努めております。

四国建設業BCP等審査会に於いて、弊社の事業継続力を審査いただいた結果、令和3年3月に認定をいただいております。

 

現場での無事故、無災害を徹底し安全衛生活動へ全社員が積極的に取り組むことを目的とし安全衛生大会を実施しています。

日頃の防災意識を高めるため、起震車を招き、今後起こるとされている南海地震などの想定震度を疑似体験しました。

消防団員の活動に積極的に協力し地域の消防防災力の充実強化に努めております。

行動計画